FXの怖い体験談から学ぶ!大損する2つの共通点・失敗を防ぐ4つのコツ

・FXの怖い噂を聞いたんだけど…

・やっぱりFXはやめておいた方がいい?
・安全にFXを始めるためにはどうしたらいいの?

FXを始めてみたいけど「怖い」と感じているあなた。

結論から言うと、FXは失敗するポイントと対策方法を理解していれば怖いものではない。

特に初心者がFXを怖いと感じる理由は、FXに関する失敗談の印象の強さ。

しかし、FXで大損してしまう人には「慢心」「情報不足」という2つの原因が関係しているのだ。

したがって、慢心と情報不足に気をつけるだけでも、FXで失敗するリスクは最小限に抑えられるだろう。

この記事では、FXで実際に大損してしまった人の話から、失敗する原因と解決策について詳しく解説している。

最後まで読めば、FXを怖いと感じているあなたでも、リスクを抑えて始めることができるだろう。

1. FXで怖い体験をしないために読むべき3つの失敗談

  1. デモトレで勘違いして2000万円を溶かした話文
  2. ビギナーズラックで勘違いして800万を失った話
  3. スワップで稼げると勘違いして全ロスカットされた話

ここではFXにまつわる怖い失敗談を3つ紹介する。

これらの失敗談は、明日あなたの身にも起こりかねないだろう。

目を通して、FXで失敗することの危険性を理解して欲しい。

FXの怖い話1:デモトレードで勝てたことを慢心しリアルなトレード大損した話

701 名前:名無しさん@お金いっぱい。2009/07/06(月) 20:16:04

今日から参戦することになりました皆さん宜しくです

投資経験はゼロですがFXバ-チャルデモで僅か半年で資金が80~100倍になりました

デモをやってみた感じこれは行けると思いこの流れのまま先月で会社を退職

運転資金として消費者金融に自宅を担保に1000万借りて定期預金解約して500万

退職金が400万、妻の実家の両親から100万の合計2000万で始めます

35歳第二の人生頑張るぞ

442 名前:701 ◆zn05JVP3P. 2009/07/19(日) 09:41:36

皆さんお久しぶりです

三日連続的にロスカットになり資金が完全に無くなりました

消費者金融の方と話しあいましたが分割返済は認められないみたいなので

昨日話し合って妻とは離婚することにしました

娘は妻が引き取ることになります

我が人生完全に八方塞がりですね

残念です

さようなら

引用元:2ちゃんねる-金持ちになったが人生そんなに楽しくない2

「デモトレードがお金をかけた取引と全く異なるのは有名な話。しかし、FXでは同様の失敗談が後を絶ちません。」

FXの怖い話2:ビギナーズラックで勘違いして800万を失った話

404 名前:Trader@Live![] 投稿日:2010/07/08(木) 22:17:35

7年前初めて、ビギナーズラックと怖さ知らずのハイレバで30万を2ヶ月で800万にした

思えばあれが人生狂うきっかけだったのかもしれない・・・・

409 名前:Trader@Live![] 投稿日:2010/07/08(木) 22:19:01

俺、相場のセンスある。

っと勘違いした。1億行ったらリーマンやめて、自由に生きる。

俺なら出来ると、根拠のない自信を持ち始めた・・・

417 名前:Trader@Live![] 投稿日:2010/07/08(木) 22:19:44

それからは坂道を転げ落ちるのに時間はかからなかった・・・・

423 名前:Trader@Live![] 投稿日:2010/07/08(木) 22:21:30

もう何もかも失った。。。。

金も女も。。。

FX以外のものに興味が何もなくなった。

給料入れば入金。ボーナスもらえば入金。入金してはハイレバでLC。何回繰り返しただろう・・・・

気がつけば齢36。 貯金は10万もない。。。。。

もう死んでしまいたい

637 名前:Trader@Live![] 投稿日:2010/07/08(木) 23:03:39

もう自殺したい マジで毎日考えてる

金がすべてと思って、リーマンで掴める小銭なんかじゃ人生買えない

金こそすべて、金もってる奴が偉い。金の無い奴なんて生きてるだけ無駄。 そう思ってFX続けてた。

そして結果、俺が一番軽蔑する無一文野郎に自分自身がなっていた。

無一文どころか、少し借金もある。人生もう終わった。 やり直すには年食い過ぎる

引用元:2ちゃんねる-【断末魔】兵どもの魂の叫び記録スレ41【悶絶】

初心者の頃は実戦での取引経験がまだ浅いので、ビギナーズラックでも実力と勘違いしがちです。

本当に「実力で勝た」と確信できるようになるには、少なくとも年単位での取引経験が必要ですね…」

FXの怖い話3:スワップで稼げると勘違いして全ロスカットされた話

3: 2018/05/23(水) 10:01:53.19 ID:4DldjZBW

今タイにいるんだが、トルコリラのスワップが1日2万円の不労所得で一生暮らすつもりだったんだが今朝全部ロスカットされた。

日本の賃貸マンション契約とかも全部解約してるし、会社には辞表叩きつけてる。日本には何もない友人には不労所得で暮らす事を言ったら羨ましがられたのに。

嫁と子供にはまだ何も言えたない。俺はこれからどうすればいい?(´・ω・`)

引用元:2ちゃんねる-【速報】急騰・急落銘柄報告スレ10779

「スワップ金利は上手に付き合えば強力な武器となります。ただしスワップが高い通貨ほど、不安定で保有するのは難しくなります。」

2. FXの怖い失敗に共通することは「慢心」と「情報不足」

  1. 慢心
  2. 情報不足

FXの怖い体験談に共通する、失敗の原因は2つ。

ここでは慢心と情報不足が、なぜ大損の原因となるのか理解しておこう。

失敗の原因を理解しておくことで、消えていったトレーダーたちの二の舞になるのを防げるだろう。

また、定期的に今の自分が慢心もしくは情報不足に陥っていないか振り返るようにしよう。

2-1. 慢心は勝率低下やギャンブルトレードへの発展に繋がる

慢心とは、根拠のない確信のことだ。

FXで「勝てる」という確信があるのなら、その根拠が伴っていなくてはならない。

しかし、「勝てる」という考えの理由がしっかり持っていないと、失敗の可能性が大きくなる。

また本人にとっては確実に正しいことであるため、行動が大胆になる。

そして行動が大胆になると、トレードスタイルはさらにハイリスクなものへと変化していく。

その結果、勝てる根拠の無いギャンブルトレードになってしまい、大損してしまうだろう。

したがって、”勝てる”という考えの理由が曖昧なものは確信ではなく「慢心」だ。

また慢心は確実にあなたの行動を失敗に導く原因となるのだ。

2-2. 情報不足は視野を狭めて慢心を助長する

慢心を無くすためには、FXで勝てると確信できる「根拠」が必要だ。

しかし、慢心を引き起こす理由には「情報不足」という原因も隠れている。

実際、勝てる根拠をしっかり持って取引しても、負け続けてしまうトレーダーは情報不足である場合が多い。

情報不足になってしまうと、取引で「勝てる」という根拠の元となる、選択肢が減ることになってしまう。

そのため、「勝てる」という根拠の判断材料が少なくなり、結果的に慢心につながってしまうのだ。

あなたのトレードでの確信を、より確実にするためにも日頃から情報収集を怠らないようにしよう。

3. FXで怖い経験をしないために初心者が意識すべき4つのコツ

FXをする上での怖い失敗経験は、慢心もしくは情報不足のどちらかの原因に当てはまる場合がほとんど。

ここでは、慢心と情報不足による失敗を引き起こさないようにするため、今すぐできる簡単な4つのコツを説明する。

FXにおける怖い失敗を回避するためにやるべき事は、以下の4つだ。

  1. 逆指値注文を必ず行う
  2. ポジションを持ち越さない
  3. 勝てるときにだけエントリーする
  4. 取引量を低くする

コツ1:逆指値注文を必ず行う

FXで失敗しないために、逆指値注文を必ず行うようにする。

逆指値注文とは損切りラインを予め設定しておくことで、設定価格に到達すると自動で損切りを行ってくれる注文方式だ。

どれだけ相場が動いたとしても、設定価格になれば自動的に損切りが行われるため、負けたしても許容できる想定内の損失しか出ない。

負けても大丈夫な事が理解できていると、怖いと感じることなくトレードを行えるようになるはずだ。

コツ2:ポジションを持ち越さない

FX取引で発生する損失を最小限に抑えるために、ポジションを週末に持ち越さないようにしたい。

市場は毎日開いているわけではなく、週末になると閉じ、週明けに開く。

そして週明けの市場の開場と同時に、窓埋めや窓開けと呼ばれる動きが起きる。

窓開け・窓埋めとは、週明けの開場と同時に相場が大きく動くこと。

市場が閉じている間に行われた注文や、会場と同時に行われた注文によって価格が大きく。

市場が閉じている間は価格が動かないため、逆指値注文が効かない。

そのため開場した時に決済すると、逆指値ラインよりも大きくズレた位置で損切りされる場合がある。

窓開け・窓埋めでは相場が大きく動くため、ポジションを持ち越していると大きく損をしてしまう可能性がある。

つまり窓埋め窓開けによる損失の拡大を防ぐことで、損切り不可能な想定外の損失を防ぐことができる。

コツ3:勝てるときにだけエントリーする

損失を大きくする行為でやりがちなのが、勝てる根拠がないのに取引を行うことだ。

市場が開いている間に取引チャンスはいくらでもあるため、必ず勝てるときにだけ取引するようにしよう。

必ず勝てる、もしくはほぼ確実に勝てるという根拠があるときにのみ取引すれば、勝率や獲得金額も大きくなるだろう。

自分が勝てると理解できれば、次第に相場への恐怖も減少していくはずだ。

それで負けた場合にも、次のトレードへの大きな成長につなげることもできるだろう!

コツ4:数量を低くする

「FX=怖い」という印象の最も大きな原因は、注文数量によるものだ。

取引数量が多くなると利益も大きくなる一方、損失も大きくなりやすい。

そのため、大きな利益を狙おうと大口での取引をしてしまい、大損してしまう事例が多いのだ。

それを防ぐためには、取引数量をは大きくせず一定の金額で取引することを心がけよう。

動く金額が小さければ損失も大きく減少するため、不安や恐怖を感じることなく取引ができるはずだ。

4. FXが怖い人がクリアすべき3つの条件

FXが怖いと感じる人がクリアすべき3つの事は、以下の3つだ。

  1. 情報収集で情報不足を解消する
  2. デモトレによる練習で確信を得る
  3. 口座開設して少額から取引する

これら3つの条件を達成できれば、あなたのFXに対する怖さは払拭されるはずだ。

そのためFXが怖いと感じたときには、これら3つの条件のうち、どれを達成すべきなのか振り返ってみて欲しい。

条件1:情報不足を解消する

FXにおける恐怖心を克服するためには、情報収集による情報不足の解消が必要だ。

情報不足が解消できれば、失敗しないという確信を持つことができる。

失敗しない確信が持てればFXに対する恐怖も減っていくはずだ。

情報収集には本や信頼できるウェブサイトを利用するとよいだろう。

また集めた情報は要素ごとの関係を整理して、全体像が俯瞰できるようにしよう。

条件2:デモトレによる練習で確信を得る

情報を集めたら、今度はデモトレを行ってみよう。

デモトレードでコンスタントに勝てるようになれば、情報不足、慢心ともに心配ないと言える。

具体的には自分で取引ルールを決めて、そのルールで200回ほど取引を行う。

一定の条件での取引をたくさん行うことで、運や偶然の影響を小さくすることができる。

そのため200回もトレードをして勝てるようであれば、その条件でのトレードは勝てる可能性がかなり高いのだ。

しかし明確な基準を設けないトレードを繰り返し、根拠のない自信を持った状態でリアル口座を開設するのはしてはいけない。

条件3:口座開設して少額から取引する

デモトレードで判断の正しさに確信を持てたら、実際に口座を開設して取引を始めてみよう。

口座開設時には一度の取引でのリスクを低くするため、なるべく少額から取引しよう。

また取引のときには逆指値注文をする事、取引数量を少なくする事を心がけよう。

まとめ|FXで怖い体験をしないために!まずは情報収集から

FXが怖いと感じる理由は、失敗に対する恐怖であったり、自信の無さが原因だったりする。

失敗に対する恐怖や、自信の無さを克服するためには、以下の3つの条件をクリアしないといけない。

  1. 情報収集で情報不足を解消する
  2. デモトレによる練習で確信を得る
  3. 口座を開設してローリスク設定を行う

これらの条件をクリアするために、はじめに行うべきことは情報収集だ。

具体的にはFXに関する書籍や信頼できるウェブサイトで情報を集めるとよいだろう。

Twitterなどでも有名なトレーダーたちが有料級の情報を発信しているため、SNSも良い情報源になる。

ただしSNSで情報発信をしている自称トレーダーの中には、情報商材屋が紛れ込んでいることもあるため注意したい。

情報商材で資金をドブに捨てる前に読んでおこう

FXで借金が怖いなら海外業者での取引がオススメ!

FXの中でも最も怖い体験談が、借金を負ってしまう事だ。

事実、高いレバレッジ取引をしていると、大きな価格変動が起こった際に口座残高以上の損失が出る場合もある。

国内FXの場合、口座残高以上の損失は全て借金となり、FX業者に返済しなければいけない決まりになっている。

そのため、国内FXでの高いレバレッジでの取引は非常に危険だ。

一方、海外FXの場合「ゼロカットシステム」という仕組みにより、借金は全てFX業者が負担する決まりになっている。

つまり、海外業者では口座残高以上の損失が出ても、借金は一切発生しないのだ。

そのため、FXで借金を絶対に負いたくない人は海外FXを始めた方が安全性が高いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です