【知らないと損】MT4スプレッド比較10選!最もお得に利用できる業者を徹底解説!

勇者
勇者

MT4が使える業者で一番スプレッドが狭いところはどこ?

一番使いやすいところで取引をしたい!

賢者
賢者

FXTFはMT4が使える業者の中ではスプレッドが一番狭くおすすめできるぞ!

この記事を見つけたあなたは、MT4が使える中でも一番スプレッドが狭い業者について知りたいと思っているのではないだろうか。

結論から言うと、FXTFはMT4が使える業者でスプレッドが一番狭くおすすめである。

FXTFは、他の業者と比較してもほぼ全ての通貨ペアが最狭水準になっている。

取引コストを抑えて取引をしたい人にとって、これ以上の業者はないだろう。

今回、FXの国内業者でMT4が使える10社を徹底的に調査して、スプレッドの狭い3つを厳選した。

この記事では、MT4が使えるFX10社のスプレッドの一覧比較・厳選した3社の紹介に加えて、MT4についてよくある疑問にも答えている。

最後まで読むことで、あなたが求めている最もお得なFX業者を見つけることができるだろう。

京大卒ナカガワ
京大卒ナカガワ

京大卒トレーダーの私が徹底的に調べ上げた、MT4が使える業者について詳しく解説します!

この記事の結論
  • FXTFはスプレッドが最狭で損せず利用できる
  • ただし、約定スピードが遅いので安定性を求める人には不向き
今なら口座開設で1万円キャッシュバック!

1.mt4スプレッド一覧比較

FX業者 口座開設 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル

FXTF
口座開設 0.1銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.2pips

サクソバンク証券
口座開設 0.3銭 0.5銭 0.7銭 0.4銭 0.3pips

OANDA
口座開設 0.3銭 0.5銭 0.9銭 0.6銭 0.5pips

アヴァトレード
口座開設 1.1銭 1.8銭 2.5銭 2.1銭 0.9pips

楽天証券
口座開設 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips

外為ファイネスト
口座開設 0.5銭 0.7銭 1.1銭 0.7銭 0.5pips

外貨ex byGMO
口座開設 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips

JFX
口座開設 0.2銭 0.4銭 1.0銭 0.6銭 0.3pips

EZ インベスト証券
口座開設 0.8銭 1.0銭 1.9銭 1.1銭 0.9pips

フォレックス
エクスチェンジ
口座開設 0.6銭 1.0銭 1.0銭 0.9銭 0.5pips

2.MT4のスプレッドが狭いおすすめ国内業者3選

 MT4が使えるおすすめの国内業者は3つだ。

特にこだわりがなければ、FXTFならスプレッドで損をすることはない。

取引の際、コストをとにかく抑えたい人にとっておすすめだ。

メリット・メリットを確認して、自分にあった業者を選ぶ判断材料にして欲しい。

2-1.FXTF【MT4が使える国内業者の中でスプレッドが最も狭い】

業者名米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロドル
FXTF0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭0.2pips
FX TFの特徴
  1. MT4が使える国内業者の中でスプレッドが最も狭い
  2. MT4は最初から35種類以上のインディケーターが付属
  3. 約定せずスリップするという口コミ多数

FX TFはスプレッドが他の業者と比較して圧倒的に狭い業者。

ほぼ全ての通貨ペアが最狭基準だ。

スワップポイントも高く、通貨ペアも豊富なので全体的にバランスが良い業者だと言えるだろう。

しかし、FXTFは他社と比較して約定力が低いので注意が必要だ。

約定せずスリップしてしまう可能性があるので、取引に安定性を求める人、約定力の高さを重視する人はおすすめできない。

取引のコストを抑えたい人はFXTFを利用すれば損をすることはないだろう。

webアイコン

Web上での意見

現在私が、使っているのが、このFXTFです。
なにが良いかというと、MT4が使える証券会社の中で、私の知る限り、1番スプレットが狭いです。
私は、スキャルピングトレーダーなので、スプレットが狭い事は大重要です。約定も割と早いし。
そして、MT4が使えるのが、かなりデカいです。
テクニカル分析をするなら、MT4は必須なので、トータル的にFXTFが、私の中で、最強の国内証券会社になるわけです。

webアイコン

Web上での意見

他の多くの低評価の方々と同様のコメントです
とにかく遅いです。
「超薄スプレッド」であってもあれだけ遅くてスリップしてしまえば、実質スプレッドははるかに大きくいのと同じ。
ギリギリのトレードで「薄利」で利確しようとしても、約定したときにはマイナスになっていることもしばしば。
また、ローソク足を切り替えるスピードも本当に遅い。
1つ、謎の制限があって今も不思議ですが、
損切りでも利確でも、事前に設定するには5.5PIPS以上離れている必要があり
また、実際にエントリー後に、この設定値内に実際の値が入ってしまうともう動かせません。 相場が思ったより伸びて、利確ポイントをトレーリングしようとしても、動かせずに何度損をしたことか(利益が減ったのであって、厳密には損ではないが、気持ち的にはかなり損)

webアイコン

Web上での意見

MT4が使える、スプレッドが低いと言う事でここを選びました。
スキャルピングが禁止されているのでスプレッドが低くても、短期の細かな決済ができないので、そこまでメリットだとは感じません。
それと1番問題だなと思う点は約定力です。
エントリーはあまり気にならないですが、決済のタイミングでめちゃくちゃ良く滑ります。ほぼ想定のタイミングで決済できないです。

今なら口座開設で1万円キャッシュバック!

2-2.サクソバンク証券【約定力が高くスリップしづらい】

引用:https://www.home.saxo/ja-jp
業者名米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロドル
サクソバンク証券0.3銭0.5銭0.7銭0.4銭0.3pips
サクソバンク証券の特徴
  1. 取扱銘柄が豊富(158種類)
  2. 約定力が高い
  3. 最低入金額100万円以上必要

サクソバンク証券は、MT4が利用できる業者の中でも取引できる通貨ペアがトップクラスに多い。

FXTFほどではないが、スプレッドはどのペアも狭くなっている。

約定力も高く、スリップしづらいのも魅力の一つだ。

デメリットとして、利用するためには最低100万円以上の入金が必要。

そのため少額で取引したい人、FXを始めたばかりの初心者にはおすすめできない。

安定性を重視して、MT4で取引をしたい人はサクソバンク証券を利用することがおすすめだ。

webアイコン

Web上での意見

スプレッド、スワップは普通かな。まあ良心的です。
すべりがあまりないのはいい点ですね。
テクニカル分析的なツールがいろいろ利用できます。チャートと一緒に利用しています。
あと、通貨ペアがすごく多いです。これが一番特徴的かな。チャンスは広がりますね。
北欧系の銀行が親会社だそうで、ネット情報では信頼感ある感じの会社です。欧州では人気らしいです。
取引画面がスタイリッシュで私はけっこう気に入ってます。
ディーリングデスク方式だそうで、すべりがないのも納得ですね。

webアイコン

Web上での意見

サーバーが安定していて約定力が強く弾かれることは殆どありません。
スリッページが少なくて大口注文にも強いため、約定力の強さは強力な武器となります。
スプレッドも平均的に狭いのでコスト面でも安心して取引ができます。
150通貨ペア以上をサポートしスワップも高いのでお勧めです。
不満な点としては、たまにチャ-トとレ-トが合致していない時があるので早く改善してほしいです。

2-3.OANDA【MT4/MT5の両方を利用することが可能】

引用:https://www.oanda.jp/
業者名米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロドル
OANDA0.3銭0.5銭0.9銭0.6銭0.5pips
OANDAの特徴
  1. MT4で50種類以上のテクニカル分析
  2. MT4/MT5の両方を利用することが可能
  3. 1通貨から取引が可能

OANDAはMT4・MT5の両方を利用することができる業者。

MT5はMT4より高性能な次世代ツール。

まだ、導入している業者は少ないが、これからMT5は主流になってくるだろう。

MT4、MT5両方にメリット・デメリットがあるのでどちらも利用して良いとこ取りをするのがおすすめ。

1通貨から取引をすることができるので、MT4・MT5を始めたい初心者でもハードル低く始めることができるだろう。

MT4・MT5のどちらを利用するか悩んでいる人はまずOANDAを利用するのをおすすめする。

webアイコン

Web上での意見

スプレッド安売りが多い中でOANDAは普通です。オーダーブックでOANDAでのポジション・オーダー状況が見れるので初心者の方の参考には良さそう。
実際にオーダーブックを使ってみた感想としては2020年1月頃から外部環境の変動が激しくてオーダーブックが効きにくい状況には感じます。
大きな指標発表前後はMT4が固まることが多いですがそこはどこも一緒なんでしょうかね・・・。スマホトレートはアプリが使いにくかったのでやってません。

webアイコン

Web上での意見

ここは、スプレッド、ツール、サポートの充実は、非常に評価できるものがあります。
その反面、スワップ、安定性、情報の部分はもの足りなさを感じます。
まあ、サーバーが強く、約定力は良いので普通にトレードする分には大きな影響はないと思います。
メインというよりも、サブでご利用されるのが良いかと思います。
それから、通貨ペアが70通りくらいありますので、面白さはありますよ。

webアイコン

Web上での意見

ずっとスプレット狭くてMT4を使えるところを探してました。
今まで使っていたところは、MT4使えるけどスプレットが広いのが難点。
ということで環境認識のみにMT4を使用し、実際の取引には別業者のスマホアプリを使う日々でした。
でもこれって、失敗もあるんですよね!
気付かないうちに思惑とは違う通過でトレードしてたり^ ^;
まだまだ大きく利益を出せない私にはスプレットの広さは無視できません。
MT4が使えてドル円のスプレット0.4というのは本当にありがたい!
これからMT4で実際のトレードができそうです。

MT4・MT5の両方が使える!

3.MT4に関するQ&A

MT4に関するよくある疑問をまとめた。

MT4に関する疑問点や不安点を解消して、あなたにとって一番良い業者を選択してほしい。

Q.MT4とMT5のどちらを利用するべきか?

結論、種類の多いEAやカスタムインディケーターを利用したい人はMT4。

それ以外の人はMT5を利用することがおすすめ。

将来性を加味すると、MT5を利用するのは良いだろう。

しかし、まだMT5は日本で普及しておらずMT4が主流だ。

EAのみMT4を利用して、裁量トレードはMT5を使うといった両者のいいとこどりをした使い方をするのが良いだろう。

Q.海外のFX業者を利用しても良いの?

海外でもMT4を利用できる業者は多く存在する。

しかし、よほどの理由がない限り海外FX業者を利用することをおすすめしない。

海外業者は

  • 国内よりレバレッジが高い
  • スプレッドが広い
  • 日本語サービスが充実しない

などのリスク・デメリットがある。

軽はずみな気持ちで取引をして、大損してしまう可能性もあるため海外のFX業社は利用しないのが安心だ。

多くの人にとって国内業者の方が低リスクでお得に利用することができるだろう。

まとめ | FX TFに最後訴求

タイトル
  • FXTF:MT4が使える国内業者の中でスプレッドが最も狭い
  • サクソバンク証券:約定力が高く安定した取引が可能
  • OANDA:MT4/MT5の両方を利用することが可能

結論、FXTFがMT4が利用できる業者でスプレッドが最も狭い。

スプレッドの狭さを重視してFX業者を選ぶならFXTF一択だろう。

注意点として、FXTFは約定力が高くない。

安定した取引を望むのであれば、サクソバンク証券やOANDAなどの別業者を利用するのがおすすめだ。

この記事を読んだあなたが、MT4が利用できるFX業者で最もお得に利用できるものを選べるようになれば嬉しく思う。

今なら口座開設で1万円キャッシュバック!